週間収支

2月第1週 振り返り


いちにち1回「ポチッ」として頂けるとモチベーションUPです!m(__)m

最近「インプット」してないな・・・

新しい学びや知識は、いわば栄養であり、潤滑油みたいなもの。
内部(自分の中)だけでは、すべては生み出せないから、カラッカラになっちまう・・・。

 

その辺り、トレードのパフォーマンスがイマイチ上がらない原因でもあるのかな・・・。
・・・って、毎月そんなにいいパフォーマンス出せてないじゃんか・・・(´;ω;`)

 

なんて・・・そんなコトを思い、遠くを見つめる・・・昼下がり。

 

2月第1週:収支

日付 収支 取引銘柄数 トレード数
01(月) +12,300円 5 22
02(火) +8,070円 9 28
03(水) +5,100円 7 15
04(木) +7,000円 8 15
05(金) -2,900円 9 16
合計 +29,570円 38 96
平均 +5,914円 7.6 19.2

 

2021-02 第1週 金利引き後収支

2021-02 第1週 金利引き後収支

 

場別収支

日付 前場 後場 合計収支
01(月) +8,900円 +3,400円 +12,300円
02(火) +7,770円 +300円 +8,070円
03(水) +3,300円 +1,800円 +5,100円
04(木) +2,300円 +4,700円 +7,000円
05(金) -3,200円 +300円 -2,900円
+19,070円 +10,500円 +29,570円

プラスで1週目を終えられた事は、ありがたい。

しかし、何度も書いているが「利益金額の向上」は最重要課題だ。
その辺りが、全然うまくいかない💧

 

そして・・・

金額こそ、そこまでのロスは出なかったが・・・非常に内容に不満のある2トレードがあった。

2/4(木) 識学(7049)
2/5(金) ファーマフーズ(2929)

 

識学(7049)は、2,000円台・板薄・直近急騰の「警戒3兄弟」にボコられ。

 

それよりも・・・ホント無茶苦茶で目も当てられない・・・💧
ファーマフーズ(2929)のトレードを振り返り、検証してみたい。

 

2/5(金) ファーマフーズ(2929)のトレード検証

トレードにおける自身の性格

まず・・・

  • 長く待てない(せっかち)
  • 含み損を見たくない(けち)

という、自分の性格が大きく関係してくる。

 

だから「瞬間の需給」を見てトレードする、時間軸でいうと「スキャルピング」という手法を主に採用している。
なので、優先順位は「板」→「歩み値」→「チャート」となる・・・。

 

ひとつずつ、自問形式で整理していきたいと思う。

2021-02-05 ファーマフーズ 1分足

2021-02-05 ファーマフーズ 1分足

 

この銘柄を、この価格帯で300株買っている。なぜ?

  • 「東1鞍替え」の材料があり、買いが集まると思ったから。
  • ついさっきのトレードで、4,000円超の損切りをしていたため、すぐに取り返そうと焦ったから。
  • 激しく動いていたので、ドサクサ紛れに取れると思ったから。

 

3,015円、2,991円、2,978円に買い指値を入れている。なぜ?

  • 3,015円・・・3,000円ラインで反発、押し目になると思ったから。
  • 2,991円・・・3,000円を割れても、すぐに戻すケースを何度もみてきたから。
  • 2,978円・・・なんとなく💧

 

2,971円、2,977円、2,989円で損切り指値をしている。なぜ?

2,950円まで掘られてしまったので、すぐに逃げなきゃと思ってしまい・・・

  • 2,971円、2,977円・・・早く楽になりたかったから。
  • 2,989円・・・3,000円ラインで跳ね返され、再度下落する可能性を考えたから。

 

その後も1トレードしている。なぜ?

  • 時間が経つにつれて、値動きが安定してきたので取れると思ったから。

 

まとめ

・・・おっと💦
そんなにヒステリックに「なぜなぜ」言われると・・・

ブルーなっちまうやん・・・

 

ま・・・責められて当然の内容だ・・・💧
自分の都合ばっか💧

「根拠」を元にトレードしない限りは、また同じ事を繰り返すだろうね。

 

上記心理状態・売買理由を元に、このミストレードを要約すると・・・

 

  • ひとつ前のトレードのロスを、引きずっている。
  • 買いも売りも、指値の根拠が不十分で曖昧。
  • 環境認識(特に当日最安値の確認)が甘い。
  • ビビる位なら、ロット入れるな(指値を入れるな)。
  • 値動き・気持ちが落ち着つくまで、待つ。

 

まあ簡単に言えば、さいごの項目以外は・・・これらの「逆」をやればいいってコトだ。

優先順位は「チャート」→「板」→「歩み値」に変更する。

 

節目の価格について

節目の価格(3,000円、2,950円等)を一度でも割ったり、超えたりしたら、そのラインはすでに機能しない。
その回数が増えるにつれ、リスク・チャンスともに比例する傾向がどの銘柄にも当てはまりそうだ。ま・・・板にもよるし・・・これは体感。

もし損切りラインを設定するならば・・・

2,950円を下回った時、となるか。
だが、そういう視点があると、そもそもこんな中途半端な買い指値もしないし、2,950円周辺で買おうとするはずだ。

 

・・・と、考えているトレーダーの方も多いだろうから、更に下で待つべきか否かは・・・判断しがたい💧

 

 

最後に・・・言うぜ?

こんなテキトーで「ひとりよがり」なトレードなんて、ヤメて頂きたい。

 

と、ちょっとセンチメンタルな・・・日曜日。

 

 

では、また明日です!

ここまで読んで頂きありがとうございます。さいごに「ポチッ」と応援して頂けると嬉しいです!m(__)m


株式デイトレードランキング

-週間収支

© 2021 粋がりトレーダー製作所