月間収支

2021年6月 収支と振り返り


いちにち1回「ポチッ」として頂けるとモチベーションUPです!m(__)m

 

日本武道館に・・・

2日連続でライブに行くほど好きだったんですよ。
イエモン。

 

素敵な物が欲しいけど あんまり売ってないから
好きな歌を歌う

引用元:THE YELLOW MONKEY「JAM」

 

この「JAM」という曲は・・・

"暗い部屋で一人・・・" や
"乗客に日本人は・・・" のフレーズの方が有名だし、インパクトがあると思う。

 

でもおれは・・・
このフレーズが好きだ。

 

・・・理由なんてないし、解釈は人それぞれ。
それでいーじゃないw

 

・・・

 

この(トレードの)世界に・・・
真っ赤なジャムを塗って、食べようとするヤツらと・・・たたかう。

そんなことを思う・・・6月だった。

 

2021年6月:収支

日別収支

01(火) +2,000円
02(水) +6,200円
03(木) +1,000円
07(金) -3,800円
第1週 +5,400円
07(月) -6,200円
08(火) -1,500円
09(水) +600円
10(木) +700円
11(金) +1,000円
第2週 -5,400円
14(月) -1,500円
15(火) +4,100円
16(水) +1,100円
17(木) +8,000円
18(金) -1,500円
第3週 +10,200円
21(月) +3,500円
22(火) +800円
23(水) +2,300円
24(木) -800円
25(金) -1,800円
第4週 +4,000円
28(月) +700円
29(火) +500円
30(水) -9,100円
第5週 -7,900円

 

合計 +6,300円
成績(22日) 14勝8敗

 

確定収支

収支 +6,300円
金利 -1,662円
源泉徴収税額 -3,163円
6月の確定収支 +1,475円
2021-06 税引き前収支

2021-06 税引き前収支

 

昨年の12月から比べると、利益・損失共に約5分の1になってる💧
今年に入り、手数減が顕著になってきた。

そして・・・負け越した3月よりも多い「8敗」。

 

とてもじゃないが「プラスへの執着」を、感じない。

時々、自分のこの性格を・・・恨むよ💧

 

場別収支

前場 後場 合計収支
第1週 +5,200円 +200円 +5,400円
第2週 -2,200円 -3,200円 -5,400円
第3週 +3,600円 +6,600円 +10,200円
第4週 +1,800円 +2,200円 +4,000円
第5週 -600円 -7,300円 -7,900円
合計 +7,800円 -1,500円 +6,300円
成績 13勝8敗1休 9勝6敗7休 14勝8敗

 

銘柄別収支

 

取引銘柄総数:33銘柄

  • プラス収支:21銘柄
  • マイナス収支:12銘柄

約定代金合計:35,015,700円

 

利益↗ ベスト3

1位 ワンダープラネット(4199)

利益 +10,250円
取引株数 1,200株

2位 ファブリカコミュニケーションズ(4193)

利益 +8,288円
取引株数 600株

3位 サイバートラスト(4498)

利益 +2,804円
取引株数 600株

 

ワンプラ、ファブリカは目立ったロスはなかったので、カタチになってくれたか。
3位で+2,804円という結果は・・・素直に悲しいw

 

損失↘ ワースト3

1位 アイドマ・ホールディングス(7373)

損失 -7,052円
取引株数 300株

2位 日本ピストンリング(6461)

損失 -6,059円
取引株数 900株

3位 I-ne(4932)

損失 -5,122円
取引株数 400株

 

さいごのさいごで喰らってしまった、アイドマ💧

上昇トレンドが崩れた段階で、ガラは警戒すべきだったが・・・
まさか「連売り」に捕まるとは・・・さ。

 

今月の「まとめるほどでもないこと」

これは、先月の振り返りで書いたコト。

 

「交換(できるくん)」に一発で持っていかれたことで、IN位置を見直した。
それが「ファブ(リカ)」の利益に繋がり・・・チャラになったカンジだ。

6月は・・・「値がさ」強化月間で。

 

呼び値5円、10円銘柄のIN位置を見直し・・・頑なに試した

「節目割れからの、リバ狙い」

 

実際のトレードデータは、個人的にまとめてみたが・・・ここでは割愛。
ケースバイケースであるのは明白だし・・・可視化できるほどサンプルも多くない。

それに、大体において「節目」がアバウトだからだ。

 

例えば3,000円、5,000円、10,000円等の価格は節目として異論反論はないハズ。

では、4,600円を節目と言うか?
う~む💧どうだろか。狭義としては・・・ね。

 

 

肌感覚だが・・・

6月前半は、機能していると感じていたんだ。
が・・・後半は機能しないケースが目立ってきた。

 

というのは・・・

「節目を割れずに、リバる」から。

 

それが機会損失に繋がった、大きな原因だと考える。

特に、自分が監視している値がさ銘柄については、滑る(逆指値にかかる)ケースがあまりない。

 

 

これは、前日(7/2)のブログでも触れたことだが・・・

(成りで)ある程度の株数を売り抜けたいと考えているトレーダーがいたとして。

8,000円台で捌きたいと考えれば、割と厚めの節目から逆算して投げてくるだろうし・・・
7,900円台に掛かってまでは・・・売らないハズ。

 

上記観点から、さらにIN位置を見直すと・・・

 

値がさINポイント候補

  1. 節目手前
  2. 節目割れ
  3. その銘柄の下げ止まりやすい価格(例えば●,●50円、●,●30円)

 

これを軸にして・・・攻略していきたい。

 

 

でもね・・・

これを呼び値1円の銘柄で、ABCポイントに指値を並べると・・・
おれの場合、「串刺し」になるケースが多いのよ・・・💦

なんでだろ?(・_・;)

 

2021年6月:振り返り

とまあ・・・

「それっぽい」ことを書いてみたものの、おれは・・・

 

勝ててるトレーダーじゃねーーーー💧

 

毎度毎度、ビックリするぜw

だから・・・
「この思考が勝てない理由」だとも、思っておく。

 

 

機会損失といえば・・・
自分の、最も勝率の良くない2,000円台の銘柄について。

 

ロスに繋がる可能性が高いものは、排除してきた。
現に・・・5月、6月と一度も触っていない。

だが、今月・・・最も動いていたのはこの価格帯だった気がする。

 

(収支が乏しく)焦る気持ちから、いつも人差し指がピクピクしているのだが・・・💦

ここは、徹底していきたい。

「苦手」に自分から突っ込んでいく必要はない。

 

 

と、この記事に着手するまでは、結構・・・気持ちがどんよりしてたんだけどw
・・・一旦の整理はできたかな。

 

改めて現実に目を向けてみると・・・

トレード、下手だよね(´;ω;`)

 

 

いまは・・・

手を尽くす、のみだ。

 

加えて・・・
あたらしい何かが、おれの中で目覚めてくれたら・・・いいんだけどw

 

 

 

ここまで読んで頂きありがとうございます。さいごに「ポチッ」と応援して頂けると嬉しいです!m(__)m


株式デイトレードランキング

-月間収支

© 2021 粋がりトレーダー製作所