月間収支

2020年11月 収支と振り返り

2020年12月2日


いちにち1回「ポチッ」として頂けるとモチベーションUPです!m(__)m

12月1日、引け後に書いている。

 

正直、先月に比べて進歩したか?と問われると・・・
多少はあるが、「?」でもある。

すでに12月の戦いは始まっているので、簡単ではあるが「振り返り」をし、「目標」を設定をしてみた。

2020年11月:収支

日別収支

02(月) +100円
04(水) +3,800円
05(木) +400円
06(金) -2,900円
09(月) -6,000円
10(火) +4,100円
11(水) +10,500円
12(木) +100円
13(金) +3,320円
16(月) -7,370円
17(火) +2,600円
18(水) +1,700円
19(木) +5,900円
20(金) +2,700円
24(火) +2,700円
25(水) -19,100円
26(木) +6,700円
27(金) +2,000円
30(月) +1,400円

19営業日:15勝4敗0休

確定収支

収支 +12,650円
金利 -1,114円
源泉徴収税額 -1,952円
10月11月確定収支(※) +9,584円
2020-11 税引き前収支

2020-11 税引き前収支

2020-11 源泉徴収税額

2020-11 源泉徴収税額

(※)12月3日修正

銘柄別収支 BEST5

取引銘柄数:25銘柄

【利益:BEST5】

リバーエレテック(6666) +9,801円
ツインバード工業(6897) +8,098円
不二硝子(5212) +6,433円
日本金属(5491) +3,859円
アンジェス(3754)  +3,754円

【損失:BEST5】

古河電池(6937) -12,780円
プレシジョン・システム・サイエンス(7707) -10,670円
RETTY(7356) -8,312円
ラクーンホールディングス(3031) -2,830円
日通システム(4013) -1,086円

 

反省と対策

「トレード」に対して

はじめて「値がさ」銘柄にINできた。

もはや「ロットを上げる」「値がさを触る」という選択肢しか思い浮かばない・・・。
11月はもちろん状況次第だが、必ず「値がさ」銘柄にINしろ!
でなきゃ、対策も練れない。

先月、自分に対して課したコト・・・。

「値がさ」といっても「呼び値5円」。
だが正直、一度経験してしまうと、それはもう「過去」のコトになるわけで。
・・・そんなもんだ。「怖さ」なんて。

 

「呼び値10円」以上は・・・

イキってたら触る

・・・と思うw
まあ、あんま考えにくいかな。

 

結果的に「値がさ」を触った事で「呼び値1円」の銘柄に200~300株入れる事には、ほぼ抵抗はない。

 

何はともあれ・・・

「IN精度」「OUTタイミング」、そして大きく損失を出した時の「メンタル」の方が大事だ、と今は思う。

 

値動きに翻弄されるシーンが目立った。

銘柄が「旬」であるほど出来高が増加する。

特に「値幅4倍銘柄」の超空中戦。

激しい値動きの中にも、「一定の法則性」はあると感じている。
そこを集中して、攻める。

・・・だが当日高値圏まで深追いするのは厳禁。

 

・・・あと、これはどの銘柄でも言えること。

「値」を追いかけてホイホイついていき、「高値圏での安易なスキャ」はほぼ火傷する。

一番のマイナスを叩いた日は、高値圏で「バラマキ300株」を入れ、ガラを喰らった事が原因だ、というのを忘れるな。

それを念頭に置くべし。

 

「個別銘柄」に対して

事前に「銘柄ごとの対峙」「指値の意図」を明確にしておく。

11/19(木) ファーマフーズ(2929) 2,593円IN。
11/26(木) アララ(4015) 3,010円IN。

 

どちらも、寄り前に「当日の最安値狙い」で入れた事前指値。
刺さった時間はそれぞれ9:45、12:45と、そこまで警戒すべき時間帯ではない。

結果的に、どちらも思惑通りほぼ最安値。

・・・しかし、自分はすぐに売った・・・。

 

状況としては、どちらも「板厚」で、動き自体は鈍い。
「瞬間下髭ブン戻し」ではなかった。

・・・その後、かなり大きく上昇した。
もちろん、自分のトレードスタイルで「アタマ」まで取れる、なんて思ってもいない。

 

しかし・・・どちらも共通して言えるコト。

自分が「大きな売り板」にヒヨッたこと。

 

これが大きな要因。
だからすぐ売る。

 

  • (動いているから)スキャ狙い。
  • (下落に対して)リバ狙い。
  • (当日最安値の)底値狙い。
  • (急騰銘柄の)順張り狙い。
  • (上昇銘柄の)押し目狙い。

 

それぞれ、「狙い」があるのだから、それに合ったシナリオを構築する。
そして、買いでINする以上「上目線」なんだから(下落時のスキャは除く)、どこまで上がる可能性が高いか、をイメージしておく。

 

「収支」に対して

結局、利益を上げられましたか?

どれだけトレードにおける「勝率」に意味がないのか・・・よくわかった。
おかげで「利益を上げる」という一点のみに集中できる。

先月の反省の引用。

・・・「プラスで終わる」という意味ではないのは分かってるよな?

 

答えはノーだ。
・・・当たり前だ。
第一、おれは「大きく利益を上げるトレード」をしていない。

じゃ、どうすればいいのさ?

 

具体的に目標を定める。

・・・嫌だね。

おれは「ノルマ」みたいなのが嫌いなんだ。
具体的な数字の目標は「歪み」と「無理」を生む。

 

・・・でもおれは「社長」だ。(設定上は所長ねw)
収支が上がらない現状を見過ごすわけにはいかない。

 

ならば一度設定しよう。・・・年末だしね。

今年の大納会は12月30日(水)。
21営業日。

¥210,000

を目標にする。

あと、全勝。
そのプラスを作るために、どう組み立てていくのか試してみるか・・・。

 

2020年11月:振り返り&12月目標

と、目標を立てた。

・・・正直複雑だぜ・・・。

 

「サラリと優雅に稼ぐ」

 

それを・・・だれに言うわけでもなく・・・「不言実行」で。

・・・それが「粋」

そんな風になりたいものだ。
もちろん努力なしでは実現は難しいが。

 

でも・・・
「なんて小さい目標なんだ!」

って思うだろ?・・・おれもだw(※目標は人それぞれだと思います)

 

だけど・・・

 

・・・おれは変わりたいんだ。
それには、現実的な目標を達成させる事から始める必要がある。

 

とはいえ、今までの収支を客観的にみても、その額も難しいだろ? ・・・グヌヌ。
キミは・・・「スーパートレーダー」じゃないから・・・。

 

・・・まだまだスタート地点だ。
己のいる位置は・・・。

 

で、これで「終わってみたらプラス120万円でした~!」
ってなったら、サイッコーーーーーに・・・

 

「粋」なんだがw

 

ここまで読んで頂きありがとうございます。さいごに「ポチッ」と応援して頂けると嬉しいです!m(__)m


株式デイトレードランキング

-月間収支

© 2021 粋がりトレーダー製作所